薬のミニ知識

アタラックスP

中枢神経抑制作用によって、アレルギーを抑える作用があり、蕁麻疹、湿疹など皮膚のかゆみを和らげます。

不安、緊張、うつ気分を和らげます。

 

ガスター錠

胃酸の分泌を抑制します。

胃炎や胃潰瘍の治療に用いられます。

鎮痛薬など他の薬による胃の荒れを防ぐのにも用いられます。

 

カロナール錠
 
痛みをやわらげます。また、体温調節中枢に直接作用して熱放散を増大させて熱を下げます。

 

キシロカイン(薬品名:リドカイン)

知覚神経及び運動神経を遮断する局所麻酔薬です。キシロ。

 

サインバルタカプセル
 脳内の神経伝達をスムーズにし、憂鬱な気分を和らげ、やる気がなくなる、不安といった症状を改善します。通常、うつ病、うつ状態の治療に用いられます。

 

ジェイゾロフト錠
 抗うつ作用や抗不安・パニック障害(呼吸ができない、息が詰まる、激しい動悸が起こる等の症状と同時に、死んでしまうのではないかという不安や恐怖を感じるパニック発作臥繰り返す障害)作用を示します。

 

ステロイド

炎症を抑えたり(他のどの薬よりも強力)、免疫の働きを弱めてアレルギー反応を抑えたりする薬で、人間の副腎(腎臓の上部にある)で作られるホルモン成分です。

身体に対する色々なストレスに対処するなど、生存上重要な働きがあります。

飲み薬、注射、塗り薬、吸入剤、点耳薬等があります。

アトピー性皮膚炎をはじめ色々な皮膚疾患に使用されています。

膠原病の治療でよく使用されます。

副腎皮質ホルモンともいいます。

 

ソフラチュール貼付剤

細菌が増殖するために必要な蛋白合成を阻害し、殺菌作用を示す抗生物質です。

大腸菌、赤痢菌などに効きます。

外傷、熱傷、潰瘍などの二次感染の治療に用いられます。

 

ソラナックス錠
 
気持ちを落ち着かせ、不安や緊張を和らげ、憂鬱な気分を改善させる薬剤です。通常、心身症における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害を改善します。

 

デパス
 うつ病や不眠の軽いものなら、デパスだけで治ってしまうこともあります。神経がどこかの関節で圧迫されていて、体に痺れが出ている人にも処方されます。
 デパス等、脳神経系の薬とアルコールを同時に摂取するのは危険です。

 

ビソルボン

痰を薄めて粘りを取る、気道粘液溶解剤(去痰剤)です。

飲み薬や吸入液があります。

 

プリビーシー液

殺菌消毒薬です。 

 

ヘパリン(heparin)

抗血液凝固作用があります。

原料は牛や豚の腸粘膜から採取されます。

 

ペンタジン

激しい痛みを強力に抑える薬。

中枢神経における刺激伝導系を抑制することにより、鎮痛効果を発現する。

非麻薬性だが、依存性が生じやすいので、経口剤は各種のがんの疼痛に対してのみ使用が認められている。

鎮痛作用はモルヒネに比べやや劣るが、嘔吐や便秘の副作用が少ない。

 

ボルタレン

鎮痛消炎剤。

有効成分は、ジクロフェナクナトリウム。

錠剤、カプセルタイプ、坐薬、ゲルタイプ(液状)等があります。

市販薬ではなく、病院で処方されます。

胃潰瘍を合併することがあるので、胃薬、抗潰瘍薬等と一緒に処方されます。

 

マイスリー錠
 5mgと10mgがあり、寝つきをよくし、脳の神経を落ち着かせる効果があります。また、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせて、自然に近い眠りに誘います。作用の発現は速く、1時間ほどで徐波睡眠に入り、翌日への持ち越し効果が少なく、翌朝の眠気や不快感が少ないといわれています。

 

マグミット錠

制酸作用があり胃酸を抑えるとともに、腸内の浸透圧を高めて腸壁から水分を引き寄せ、腸の内容物を軟化・膨張させ腸管に拡張刺激を加えて排便を促します。

主成分:酸化マグネシュウム

 

ムコスタ錠

胃粘膜における血液の流れを増すことで、胃粘膜を保護し、炎症を抑え、胃潰瘍部分の粘膜の修復をする。

鎮痛薬(ロキソニン等)など他の薬による胃の荒れを予防する。

成分は、レバミピド。レバミピドの粘膜修復作用はドライアイの治療にも応用されている。

 

リーゼ錠
 リーゼ錠は抗不安剤です。簡単に言えば飲むと自律神経をコントロールして気持ちを落ち着けてリラックスした気分になります。不安や緊張感を和らげる作用があり、睡眠薬のように直接眠らせるわけではないですが、寝つきをよくする薬の効果もあります。リーゼ錠は数ある抗不安剤の中でも副作用が少ないのが魅力的です。依存性などもありません。リーゼ錠は抗不安剤の中では「抗不安作用弱」に分類されますが、「抗不安作用弱」といっても決して効果が小さいわけではなく、薬の効果として十分な治療効果は持っています。

 

ロキソニン
 腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる薬。
 ロキソプロフェンは安全性が高く効き目もよいので、いろいろな痛みに広く用いられています。

 

ロピオン

鎮痛・解熱剤。

 

お問い合わせ・ご相談は←ここをクリック 

 

 

▲このページのトップに戻る